地域の話題

御嶽海痛い連敗星五分に きょう照強戦

隠岐の海(左)に寄り切りで敗れた御嶽海(読売)

 大相撲秋場所(東京・両国国技館)4日目の16日、上松町出身で西関脇の御嶽海(出羽海部屋)は、東小結・隠岐の海(八角部屋)に寄り切りで敗れた。番付下位への連敗で2勝2敗となった。5日目の17日は、西前頭3枚目・照強(伊勢ケ濱部屋)と対戦する。

 御嶽海は立ち合いもろ差しとするも、上手を許して引きつけられ、重心を浮かされた。腰が沈まぬままずるずると後退。土俵際で起死回生を狙った右からのすくい投げを試みるも、隠岐の海の体が落ちる前に御嶽海の左足が土俵を割った。
 照強は昨年11月場所から4場所連続勝ち越し中だ。御嶽海が幕下10枚目格付け出しで初土俵を踏んだ平成27(2015)年3月場所以来の顔合わせで、この対戦では、身長169センチの相手が潜り込んできた立ち合い御嶽海が突き放して前進、土俵際で寄り倒した。

連載・特集

もっと見る