スポーツ

御嶽海巧みに連勝 大相撲秋場所2日目

照ノ富士(手前)を送り出しで破った御嶽海(14日、読売)

 大相撲秋場所(東京・両国国技館)2日目の14日、上松町出身で西関脇の御嶽海(出羽海部屋)は、東前頭筆頭・照ノ富士(伊勢ケ濱部屋)を送り出しで破った。初日13日は東前頭2枚目・北勝富士(八角部屋)を押し出しで退けた。大関昇進を視野に入れる御嶽海は、三役で2場所連続となる2桁白星に向け、弾みとなる連勝スタートを切った。

 先場所、両上手を与えて手も足も出なかった照ノ富士に、今場所はまわしを許さなかった。2度目で立った立ち合い、突き起こして先手を取ると、すかさず右に開いて相手を崩した。北勝富士を立ち合いから圧倒して一気に押し出した初日とは違い、組まれないように考え抜いた相撲で2勝目を挙げた。
 3日目の15日は、西前頭筆頭・隆の勝(千賀ノ浦部屋)と対戦する。過去1勝1敗だが、立ち合いで後手に回る相撲が続く。3月場所は押し出しに屈したが、7月場所は御嶽海が土俵際で踏みとどまり、はたきで仕留めた。

連載・特集

もっと見る