地域の話題

木曽・広小路プラザに駄菓子屋 子供の笑顔広がり縁日気分

 木曽町福島の観光案内所「広小路プラザ」に駄菓子コーナーができた。新型コロナウイルス禍でイベントの中止が相次ぎ、夏休みになっても家族で遠くに出掛けられない子供たちが「地元で楽しめるように」と企画した駄菓子屋だ。

10円のスナック菓子などさまざまな駄菓子が並ぶ。花火の品ぞろえも豊富で、くじ引きもできる。ひもを引くと先に賞品が付いている「千本づり」もあり、縁日の雰囲気も楽しめる。近くの木曽町文化交流センターで勉強する中高生のためにカップラーメンも並べ、お湯も備えた。観光客向けの土産コーナーも充実させた。
 広小路プラザは、木曽町福島の地域振興に取り組む町民出資の株式会社・まちづくり木曽福島が運営する。担当者は「近くには図書館もある。家族で足を運んでほしい」と呼び掛けている。
 駄菓子屋は「ほおまるや」とした。木曽特産の菓子・朴葉巻きのキャラクター「ほおまる」にちなんだ。営業時間は午前9時半~午後5時半で、木曜日が定休日となっている。
 問い合わせは広小路プラザ(電話0264・22・2766)へ。
(向山 均)

連載・特集

もっと見る