スポーツ

大門ベースボールクラブ初優勝 市民タイムス旗少年野球

 第27回市民タイムス旗争奪中信地区少年軟式野球大会は10日、松本市の神林農村広場で準決勝、決勝を行った。決勝は共に初優勝を目指す、大門ベースボールクラブと吉田スポーツ少年団の塩尻市勢同士の対決で、大門が延長戦の末に吉田を3―0で下して優勝した。大会の最優秀選手には大門の村橋陸仁君(桔梗小学校6年)、優秀選手には吉田の林人輝君(吉田小学校6年)が選ばれた。

 準決勝では吉田スポーツ少年団が、前回優勝の寿ヤングバード(松本市)に4―3で逆転勝ちして2年連続の決勝進出を果たした。大門ベースボールクラブは、2年ぶりの優勝を狙った二子少年野球部(松本市)を相手に4―0の完封勝ちで初の決勝進出となった。
 決勝は息詰まる投手戦となり、互いに得点できずに0―0で規定の7回を終えた。走者を1、2塁に置くタイブレークを採用した特別ルールの延長8回に大門が3点を奪い、吉田の反撃を抑え切った。吉田は継投策で大門の攻撃を抑えたが、最後に力尽きた。
 大会は市民タイムス主催、松本市少年軟式野球連盟主管、松本市教育委員会・読売巨人軍後援、キッセイ薬品工業特別協賛、ダイワマルエス協賛で行われ、29チームが出場した。

連載・特集

もっと見る