地域の話題

ブルーサルビア鮮やか 松川・ちひろ公園大花壇

一面に咲くブルーサルビア

 松川村の安曇野ちひろ公園の大花壇約3000平方㍍に植えられたブルーサルビア7000株が、見頃を迎えている。まるで青色のじゅうたんを広げたように一面に花を咲かせている。
 村内の各種団体でつくる「花が咲いている村づくりの会(花咲き村)」のメンバー70人が6月に植えた。例年は地元の松川中学校の生徒も一緒に植えるが、新型コロナウイルス感染拡大防止のためにメンバーだけで作業した。
 見頃はお盆ころまで続き、花は10月まで楽しめるという。村経済課商工観光係は「感染対策で遠出を控える人たちに花を見て地元の魅力を再発見してもらえたら」と話している。