政治・経済

三才山・松本トンネル 9月1日無料化 県が告知

 県は30日、松本地域と上田地域を結ぶ国道254号の有料道路である「三才山トンネル」(松本市三才山―上田市鹿教湯)と「松本トンネル」(松本市島内―三才山)について、1カ月後の9月1日午前0時に無料化するとあらためて告知した。

 県によると、昭和51(1976)年開通の三才山トンネルと平成6(1994)年開通の松本トンネルは、令和元年度までの交通量が計約1億3000万台(計画比119%)、料金収入が計約588億4000万円(同106%)だった。
 松本市島内~上田市鹿教湯間の道路延長は計15・2キロで、建設費や維持管理費などの償還のめどが立ったため、県は昨秋に無料化を発表した。中信と東信の一層の交流や利便性の向上、産業と観光の活性化が期待される。県道路公社が管理しているが、9月1日からは県松本建設事務所と県上田建設事務所が道路管理者となる。
 無料開放に伴い、県道路公社が販売した有料道路回数通行券の未利用分は、三才山トンネル有料道路管理事務所(9月1日~11月30日)か、県道路公社本社(同~令和3年2月26日)で払い戻しをする。「時間帯割引回数通行券」は購入した各市町村へ問い合わせる。
 問い合わせは県道路公社(電話026・234・6883)か三才山トンネル有料道路管理事務所(電話0268・45・3905)へ。