地域の話題

特養の死亡事故控訴審 准看護師に逆転無罪

 長野県安曇野市の特別養護老人ホームで2013(平成25)年、入所者の女性=当時(85)=に誤ってドーナツを食べさせ、その後死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた同施設職員で准看護師の山口けさえ被告(60)の控訴審判決が28日、東京高裁であり、被告を罰金20万円とした1審・長野地裁松本支部判決を破棄し、無罪を言い渡した。(読売)

 安曇野市の特別養護老人ホーム「あずみの里」で平成25(2013)年に起きた死亡事故を巡り、介護をしていた職員の過失が問われ、全国的にも注目された裁判で、28日にあった控訴審判決は、一審の有罪判決を覆す逆転無罪だった。
 判決後、弁護団は「検察は無罪判決を真摯に受け止め、上告しないとの決定をすみやかに行い、被告を解放すべき」と声明を発表した。
 事故はあずみの里の食堂で25年12月12日に起き、おやつのドーナツを食べた利用者の女性が心肺停止状態になり、翌年1月16日に死亡した。食事の介助を手伝っていた准看護師が業務上過失致死罪で起訴され、一審の地裁松本支部は昨年3月の判決で、女性はドーナツにより窒息して死亡したと認定した上で、おやつが常菜系からゼリー状に変更されていたことを確認しなかった過失があったとして有罪を言い渡した。
 高裁判決は、おやつの形態変更は被告の看護業務の中では容易に知り得ず、おやつの形態変更を確認していなかったことが職務上の義務に反するとは言えないとした。また、女性がドーナツで窒息する危険性や死亡することを、被告があらかじめ予測できた可能性は相当に低かったとし、女性にドーナツを提供したことが刑法上の注意義務に反しているとは言えないとした。
 介護施設職員個人の刑事責任が問われた異例の裁判を巡っては、介護現場を中心に「職員の萎縮やサービスの質の低下につながる」との声も多く上がり、医療や福祉に携わる関係者の注目を集めていた。東京高裁には無罪判決を求める約27万筆の署名が提出された。
 長野地検は「無罪判決がさなれたことは報道により承知しているが、コメントはない」としている。