スポーツ

山雅黒星 守りきれず 敵地で大宮に0-1

 サッカー松本山雅FCはJ2第7節の25日、NACK5スタジアム大宮(さいたま市)で大宮アルディージャと対戦し、0―1で敗れた。3連戦のスタートを白星で飾って上位をうかがう足場を固めたかったものの、後半に許した失点をもり返せなかった。2勝3分け2敗となり、勝ち点を伸ばせなかった。

 松本山雅は、3バックの布陣で臨んだ。前線には、2月のルヴァン杯以来で、リーグ戦は初出場となる榎本を起用した。
 リーグ2位の大宮に対してロースコアの展開を思い描き、前半は想定通りに0―0で折り返した。ただ、後半は相手の攻勢をしのぎきれず、23分に中央で短くつながれて決勝点を許した。終盤にかけては相手ゴール前のいい位置でのFKを得たものの、得点につなげられなかった。
 次節は29日で、サンプロアルウィンにFC町田ゼルビアを迎えて戦う。中3日での試合で、午後7時にキックオフとなる。