地域の話題

子供の厄病よけ願う 深志神社で八坂祭

 松本市深志3の深志神社(遠藤久芳宮司)で14日、疫病よけを願い子供の健やかな成長を祈る「八坂祭」が始まった。子供の名前などとともに「奉納 八坂大明神」と書いた五色ののぼりをヨシに付けて奉納する行事で、新型コロナウイルスの感染拡大が心配される中、多くの家族連れが奉納に訪れていた。15日は本祭りが行われる。
 境内にのぼりを清書するテントが設けられ、長男の基ちゃん(1)を連れて訪れた主婦・石田やよいさん(32)=大村=は「私も子供の頃は奉納しに来た。息子には新型コロナをものともせず元気に育ってほしい」と願っていた。
 八坂祭は市内各地の神社でも行われ、松本の夏の風物詩の一つとなっている。

連載・特集

もっと見る