地域の話題

塩尻の槻井泉神社 車で気軽に 有志が車道整備

 塩尻市洗馬の槻井泉神社の宮総代らがこのほど、神社の拝殿そばまで乗用車で上れる車道を整備した。拝殿は山の斜面にあり、これまでは長くて急な石段を登らないと拝殿までたどり着けず、足の悪い人などは参拝が難しかった。誰でも気軽に参拝できるようになり、地元住民らも喜んでいる。

 長年の懸案で、浅田みづ江宮司の要望もあり、6月に入って整備に取りかかった。宮総代の一人で、重機を扱える建設業・熊谷茂美さん(68)を中心に作業を行い、数日がかりで完成させた。
 竹やぶだった斜面を切り開き、石段の登り口に向かって左側から大きく「く」の字を描くように幅3メートルほどの道を拝殿まで付けた。砕石や砂利を敷いて固め、伐採した木の丸太を活用して転落や土砂流失を防止する柵を設置した。道の途中には、乗用車数台を止められる駐車場も整備した。一帯のやぶが無くなり、景観も良くなった。
 宮総代長の熊谷喜春さん(69)は「自分たちでできる範囲で整備した。駐車場もできて一般の人たちもお参りしやすくなったので、利用してもらえたら」と話していた。

連載・特集

もっと見る