教育・子育て

安曇野の中学校部活動 朝練習再開

 安曇野市内の中学校で、新型コロナウイルスの感染防止対策で休止していた部活動の朝の自主練習が再開している。全ての部活で今年は新型コロナの影響で県大会が行われないが、3年生にとって集大成となる市や地区の大会が23日に始まる。生徒たちは朝早く登校して走り込みや技術練習に打ち込んでいる。

 三郷中では10日、午前7時半にグラウンドや体育館で練習が始まった。7時15分ころから正門が開くのを待ち構えていた生徒たちは、大きな掛け声を控えながらも、互いに教え合いながら真剣な表情で練習に臨んだ。自主練を見守る「見守り隊」の地域住民や保護者が姿を現すと、元気良く「おはようございます」「よろしくお願いします」とあいさつしていた。
 女子バレーボール部の主将・大垣栞那さん(14)=3年=は「県大会がないのは残念だけれど、チームで明るくプレーしたい」と前を向いた。男子バレーボール部の主将・安國洸成君(14)=同=は「大会がない部活もある。後悔のないよう練習したい」と力を込めていた。

連載・特集

もっと見る