地域の話題

塩尻署手作り 注意掲示板 特殊詐欺被害防止へ工夫

手書きメッセージで被害防止を呼び掛けるホワイトボードと、生活安全課署員たち

 塩尻警察署入り口ロビーに、特殊詐欺被害防止の啓発メッセージを手書きしたホワイトボードが設置されている。特殊詐欺を身近な問題として感じてもらおうと、生活安全課の署員たちが企画した。

 笠原淳子主任と西澤周作係長が中心となって企画し、6月下旬に置いた。現在は、最近管内の一般家庭に届いた詐欺と思われる書面の写真を掲示し、「十分注意してください」「(書面にある電話番号に)電話を絶対にかけないでください」などと呼び掛けている。絵が上手な他部署の署員の協力も得て、県警マスコットキャラクター「ライポくん」のイラストも添えた。
 笠原主任は「印刷したチラシなどとは別に、手作り感で啓発メッセージを伝えたいと思った。見た人が自分も気を付けようと思ってもらえれば」と話していた。ホワイトボードは今後も随時内容を書き換え、最新の注意情報を発信していく。
 同署管内の1~6月の特殊詐欺被害は2件・125万2000円(前年同期は1件・100万円)で、内訳は預貯金詐欺と架空請求詐欺となっている。

連載・特集

もっと見る