政治・経済

安曇野市のプレミアム商品券 購入申し込み開始へ

広報あづみのに折り込まれる専用はがき
 新型コロナウイルス感染拡大を受けた経済の活性化策として、安曇野市が発行する「ささえあいプレミアム商品券」の購入申し込み専用はがきが、8日発行の「広報あづみのお知らせ版」に折り込まれる。1万3000円(1000円券13枚つづり)を1万円で購入できる商品券で、広報を12日までに全戸配布し、22日(必着)まで申し込みを受け付ける。希望が発行セット数(5万セット)を上回った場合は抽選となる。
 専用はがきは、広報とともに1世帯に1枚ずつ届き、1枚で5セットまで申し込める。往復はがきになっていて、抽選結果が返信される。返信されたはがきと引き替えで、8月1~31日に商品券を発売する。  8月1日から11月15日までに購入金額の3割増しの買い物ができる。商品券を使える取扱店の申し込みはまだ受け付け中だが、7月2日現在で市内の630店を超えた。13枚のうち8枚は全取扱店で利用できる共通券、残りの5枚は売り場面積が1000平方メートル以上の大型店を除く個人店舗などで使える普通券となる。市から発行業務を委託された市商工会は近く専用のホームページを設け、取扱店一覧を載せる予定だ。  全国的にみると、プレミアム付き商品券の有効期間は6カ月間が多い中、感染拡大の第2波が懸念されることから、短期間に集中して使ってもらうことで高い効果を生み出そうと3カ月半に設定した。市商工労政課は「コロナ禍の中で、利用者と事業者がともに支え合ってほしい」としている。  問い合わせは市商工労政課(電話番号0263・71・2041)か、市商工会穂高商工会館(電話番号0263・87・9750)へ。

連載・特集

もっと見る