スポーツ

松本市の体育施設 ネット予約に 利用手続き変更 後期から

 松本市民を対象に年2回実施している、市有体育施設の一斉予約(先行予約)の方法が大きく変わる。市民が総合体育館を訪れ、予約する順番を決める整理券を取っていた方法から、市の予約システムに借りたい施設と時間をパソコンなどで入力し、予約が複数重なれば抽選する方法とする。これまでは整理券配布の日に4日間で計4000人近くが総合体育館に集まっていたが、オンラインでの手続きに変わるため、新型コロナウイルス予防の観点から「密」の状態も回避できる。

 市は本年度「公共施設案内・予約システム」を更新し、オンラインでの手続きの方法を改善して利便性を高めている。地区公民館などではすでに新システムの利用が始まっており、体育施設も本年度後期(11月~来年3月)利用分の一斉予約から使えるようになった。新システムを使うには利用者登録が事前に必要で、市は13日から、九つの体育施設で登録を受け付ける。
 対象者は市内に住所がある人(中学生以下は不可)で、登録申請書を▽総合体育館▽かりがねサッカー場▽浅間温泉庭球公園▽美須々屋内運動場▽南部屋内運動場▽波田扇子田運動公園▽市サッカー場▽あがた運動公園▽柔剣道場―のいずれかに、身分証明書の写しと共に提出する。申請書は各施設にあるほか、市ホームページからダウンロードできる(10日ころに掲載予定)。登録時に、一斉予約のみに使えるIDが発行される。
 予約システムは自宅のパソコンやスマートフォンから利用でき、IDを入力して予約できる。一人が予約できる日数は制限する予定で、予約が埋まらなかったり、取り消されたりした場合の2次受け付け実施も検討している。登録の有効期間は3年間で調整しており、その間は利用者登録の手続きは必要ない。
 スポーツ推進課は「一斉予約については当面、今回の新しい方式で行いたい」と話している。8月下旬に新しい予約方法の説明会を予定している。問い合わせは同課(電話0263・45・9511)へ。

連載・特集

もっと見る