地域の話題

あなたの推し馬に一票を! 開田高原の木曽馬の里で人気投票

木曽馬39頭のデータが並ぶ投票箱の前で、絵はがきスタイルの投票用紙を手に投票を呼び掛ける中川さん

 木曽町開田高原末川の「木曽馬の里・乗馬センター」で、飼育する39頭の中から人気の馬を決める「推し馬投票」が行われている。投票用紙は、乗馬1回または500円分のグッズ購入につき1枚もらえる。見た目も性格もさまざまな木曽馬を知ってもらおうと、開場25周年記念として初めて企画した。

 投票は6月中旬に始まった。6月末の段階で、10歳の若菜号が「熱烈なファン」の後押しを受けてトップに立っている。実際に乗った馬に票が集まる傾向があるといい、センター場長の中川剛さん(43)は「週末に『乗馬当番』が回ってこない繁殖馬などからクレームが来そう」と笑う。インターネットの交流サイト・フェイスブックで多くの馬を紹介していきたい考えだ。
 投票は今秋までを予定する。最多得票馬はグッズ化されるほか、最多得票馬への投票者の中から抽選で非売品のトートバッグが当たる。中川さんは「『目がかわいい』『近くに来てくれる』などの投票理由を聞けるのも楽しみ」と話している。
 郵送でも投票できる。系列会社の開田高原振興公社のホームページから木曽馬グッズを購入すれば、投票用紙が同封される。

連載・特集

もっと見る