教育・子育て

松本大学長に菅谷昭氏 10月就任へ

 松本大学(松本市新村)の次期学長に、松本市長を3月27日まで4期16年務めた菅谷昭氏(76)=蟻ケ崎5=が就任する見通しであることが4日、関係者への取材で分かった。任期は10月から令和6年3月末まで3年半の予定。大学を運営する学校法人・松商学園が今月下旬にも開く理事会で正式に決定する。

 6月の選考委員会で推薦され、学長候補に選ばれた。菅谷氏は市民タイムスの取材に対し、地域連携などに力を入れる松本大を「地方大学の中で評価が高い」と述べ「(学長就任の)話を受けていることは確か。就任が決まれば正式にお話をしたい」と話した。

 医師の菅谷氏は、旧ソ連・チェルノブイリ原発事故で放射能汚染の被害を受けたベラルーシで5年半にわたり医療支援活動に携わり、帰国後は県の衛生部長も務めた。
 現学長の住吉廣行氏は平成24(2012)年に学長に就任し、今年の3月末で2期目の任期が満了したが、理事会で9月末までの継続が決まっている。

連載・特集

もっと見る