地域の話題

アジサイ 社有林彩る300株 塩尻の日本ハイコム

林間を彩る約300株のアジサイ

 塩尻市北小野の印刷業・日本ハイコム(野口勝典社長)が、社屋に隣接した社有林の一角でアジサイの植樹を進めている。標高約950メートル、県道楢川岡谷線に面したカラマツ林の一角に約300株が植わり、今年も見頃を迎えた。青や紫の淡く、控えめな色合いで林間を彩る様子は目にも涼しげで、道行く人を楽しませている。

 勝弦峠へ向かう県道の途中、「ハイコムの森」と名付けられた約1200平方メートルに植わる。同社が都内の取引先企業などと交流を深めながら植えているといい、木立に囲まれた緩やかな傾斜地に点在する様子が目を引く。役員や従業員が折に触れて手を入れており、今後さらに範囲を広げる考えだ。
 紙を扱う企業として木を育て、森を育て、循環型の社会を推進しようとの思いから管理に力を入れている。アジサイは9月ころまで楽しめそうだ。

連載・特集

もっと見る