地域の話題

茅の輪に感染終息願う 松本の各神社で夏越の大祓

茅の輪をくぐる参拝者(四柱神社)

 松本市内の神社で30日、茅の輪をくぐって半年間のけがれを落とす行事「夏越の大祓」が行われた。多くの人が参拝に訪れ、新型コロナウイルスの早期終息などを願っていた。
 うち大手3の四柱神社では、総代会役員のほか一般の人たちも拝殿に上がっておはらいを受けた。その後、時折雨も降る中、境内に設けられた直径3メートルほどの茅の輪を、列になって3回くぐった。
 総代会の横沢徳人副会長は「長く続いてきた伝統なので、いつも通り続けることでコロナ終息に向かってほしい」と願い、圓山正則副会長は「健康、無病息災が一番大切」と話していた。

連載・特集

もっと見る