地域の話題

アジサイしっとり 松本市の法船寺

 松本市内田の法船寺でアジサイが見頃を迎えた。境内には約80種類・約1300株が植えられており、花びらのように見える青色や紫色のがくがしっとりとした風情で梅雨空に映え、訪れた人を楽しませている。

 昭和49(1974)年から前住職の近藤榮泉さん(82)が手塩にかけて育ててきたアジサイで、次第に境内一円を彩るようになった。東山山麓の標高約760メートルにある眺望の良さも相まって、地域住民に親しまれている。
 近藤栄祐住職(49)は「晴れた日も雨の日も楽しめるのがアジサイの魅力。新型コロナウイルス感染防止の対策を心掛けた上での鑑賞で、心の健康に役立ててほしい」と話していた。

連載・特集

もっと見る