連載・特集

2020.7.9みすず野

 一口に雨と言っても、小雨からにわか雨、天気雨、しとしと雨、大雨、豪雨まで、さまざまな雨がある。日本は多湿の国ゆえか、雨に関わる日本語は数え切れないほどあって、その一つが五月雨。旧暦5月の梅雨時に、じめじめ降り続く雨を指す◆「よく降りますなあ」「ことしは梅雨らしい梅雨ですね」などと、のんきな時候あいさつをしているレベルではない、このところの雨だ。ザーザーと降る雨が、バケツをひっくり返したようなどしゃ降りとなり、滝のように降り出したら危ない。水しぶきで一面白っぽくかすみ、道路は川と化し、マンホールからは水が噴出、川は濁流が渦巻く◆河川の氾濫、堤防決壊、土砂崩れ、山崩れ、土石流の発生と、災害に至る。「これまで経験したことのないような大雨」の言葉を、近年よく聞く。全国各地で明らかに大雨、豪雨は増加傾向にあり、リスクは高まっている。今回の梅雨前線は停滞期間が長く、中信地域もしばらく厳重な警戒を要する◆気象情報に耳を傾け、避難場所や経路を確認し、非常持ち出し品などを準備しよう。土のうを作っておくと、いざというとき役立つ。停電への備えも。

連載・特集

もっと見る