連載・特集

2020.7.5みすず野

 こんなに静かな上高地は冬季を除けば初めてだった。ニッコウキスゲやレンゲツツジの花が咲き、梓川の向こうに六百山や霞沢岳がそびえていた。河童橋に都会風の二人連れの姿がちらほら。皆マスクを着けている。山の支度をした人はいなかった◆彫刻家で詩人の高村光太郎が上高地に滞在して展覧会に出す油絵を描いていた大正2(1913)年9月、翌年に妻となる智恵子が訪ねて来る。もちろんバスなんか無い時代、知らせを受けた光太郎は徳本峠を越えて岩魚留まで迎えに行った。その道をたどってみたかったのだ◆明神を経て峠まで7キロほど。さらに岩魚留へ4キロ近くある。恋しい人に会うため、山道を跳ぶ気持ちだっただろう。その思いは終生変わらなかった。おかげで私たちは詩集『智恵子抄』を手に取り、優しい詩句を口ずさむことができる。〈あれが阿多多羅山、あの光るのが阿武隈川〉◆明神池のほとりで、幼い男の子がうれしそうにぴょんぴょんと先へ走り、両親が後ろから見守り歩くのを見た。「坊や幾つ?」と尋ねると、得意げに指3本を立てる。「大きくなったら山へおいで」と願い、峠への登りにかかった。

連載・特集

もっと見る