地域の話題

松本城天守 3カ月ぶり入場再開 感染対策万全に

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため3月4日から臨時閉鎖(3月25日のみ開場)していた国宝松本城の天守が6日、約3カ月ぶりに入場を再開した。1日に開放した本丸庭園と合わせて全面再開となった。階段にビニールの仕切りを設けるなど感染予防対策が取られる中、訪れた人たちは久しぶりのお城の姿を楽しんだ。

 再開初日の6日は特に混雑することなく、家族や友人と入場した人たちがゆとりを持って天守内を巡っていた。感染予防対策では他に、階段の手すりを定期的に消毒したり、「密」の状態が起こらないように警備員が上り下りを誘導したりし、閉鎖前は自由に移動できた最上階の6階にはチェーンを張って順路が作られた。
 孫と一緒に訪れた静岡県伊豆の国市の久保田益夫さん(71)は「孫がお城好きで、春休みに連れてくる予定だったが、再開まで2カ月ほど待った。お城は立派で待ったかいがあった」とほほ笑んでいた。
 6日の来場者数は619人で、例年の5分の1程度だった。松本城管理事務所の米山順一所長は「今日は目立った混乱はなかったが、今後来場者の数が増えれば入場制限などの対応も考える。臨機応変にコロナへの対策を行っていきたい」と話した。

連載・特集

もっと見る