地域の話題

安曇野市穂高の等々力町区がサイト開設

 安曇野市穂高の等々力町区が、区のウェブサイトを開設した。区の行事予定や地区公民館の使用状況、区内の組織の取り組みなどを載せ、回覧板や配布物を見ることもできる。新型コロナウイルスの影響で住民の交流機会が減るなか、区の近況を共有する役割も期待している。

 区の4月1日現在の人口は約2100人・約990世帯で、子育て世代や移住者も多い。「区のことをより知ってもらう場を」と公民館役員が中心となって今年2月ころからサイトの制作を進め、このほど公開した。スマートフォンにも対応していて、行事の中止などの"ニュース"をトップページで把握できる。区の行事や四季の風景のほか、公民館や地区社協、子ども会育成会の活動も写真付きで紹介している。荻原守衛や井口喜源治、小川大系といった地元ゆかりの先人について記したページもある。
 昨年9月に新築された地区公民館を活用してもらおうと、サイトから予約申し込みができるようにした。これまでは公民館長や役員が電話で受け付けて帳簿に記録していたが、負担が軽減された。予約状況もサイトにカレンダー形式で表示していて、分かりやすい。
 先行して区のサイトを設けている豊科の真々部区の助言を受けて、無料で利用できるサイト作成ツール「Wix.com(ウィックス)」を使って作った。公民館役員の前川基さん(48)は「ウィックスの操作はそこまで難しくない。ワードやエクセルが使える人なら使いこなせるのではないか」と話す。
 今後は区の行事や取り組みを更新し、内容を充実させていく予定だ。区長の二木貞安さん(63)は「区外の方や遠くに住む出身者にも、今の等々力町区の様子を知ってほしい」と話している。
 アドレスはhttps://todorikimachiku.wixsite.com/todorikimachiku

連載・特集

もっと見る