地域の話題

花火でコロナ退散 全国一斉に打ち上げ

新型コロナウイルス退散を願って打ち上げられた花火(1日午後8時ころ、松本市島内小宮)

 新型コロナウイルス感染の終息を願う打ち上げ花火が1日夜、全国一斉に打ち上げられた。中信地方唯一の煙火店・華松煙火(上條博人社長)も松本市と塩尻市の計3カ所で行い、「悪疫退散」を願う花火が夜空を彩った。

 「Cheer up(チアアップ)!花火」と銘打った若手花火師の呼び掛けによる全国プロジェクトで、163社が参加して午後8時に一斉に打ち上げた。華松煙火は「悪疫退散」の願いを筆書きした2~4号玉をそれぞれの場所に100発ずつ用意した。松本市島内小宮では、次々と打ち上がる単発花火やスターマインのほか、医療従事者への感謝の気持ちを込めた青色の花火などもあり、近隣住民が見入っていた。
 当初の打ち上げ場所は島内小宮と塩尻市の阿禮神社付近で計画されたが、30年の節目ながら中止となった四賀夏祭り会場のふるさと公園しが(松本市会田)付近も地元の協力で加わった。

連載・特集

もっと見る