政治・経済

信州・松本そば祭り中止

全国有数規模のそばのイベントとして毎年、松本城公園を主会場に開催されている「信州・松本そば祭り」の実行委員会(会長・臥雲義尚松本市長、実行委員長・新保裕介市民タイムス社長)は1日、10月9~11日に開催を予定していた今年の祭りを中止すると発表した。新型コロナウイルスの完全な終息が見通せない中、県内外から集まる出展者や来場者の安全を最優先に考えた。

実行委員に書面で中止の方針を伝え、1日までにほとんどの委員から同意を得た。そば祭りは松本の秋を代表する催しで、平成30(2018)年に開催された第15回はメインイベントの全国そば祭りに19ブースが出展し、3日間で13万9000人が来場した。祭りの一環で開かれる信州そば打ち名人戦、全麺協素人そば打ち段位認定大会にも毎年、多くの人が出場する。 台風19号の接近で中止となった昨秋の第16回と合わせて2年連続の開催見送りとなった。実行委事務局は「地域経済への影響も大きいと考えるが、感染拡大を一刻も早く止めるため苦渋の決断としてご理解をお願いしたい」としている。

連載・特集

もっと見る