政治・経済

松本市がプレミアム商品券の申し込み30日開始 コロナで苦境の消費者支援

松本市のプレミアム商品券の見本

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策として、松本市や松本商工会議所などが組織する「市消費応援キャンペーン実行委員会」が発行するプレミアム商品券の申し込み受け付けが30日に始まる。8月1日から市内の各種店舗で利用でき、購入金額の3割増しの買い物ができる。購入希望が多く集まることが見込まれることから、往復はがきの郵送で申し込み、混雑回避ために指定された自宅近くの郵便局などで受け取る方式を取る。

 1セット1万3000円分(500円券10枚、1000円券8枚)の商品券を1万円で販売する。発行総額は過去最高の22億1000万円で17万セットを用意する。購入できるのは市民のみで、市内の取扱加盟店で利用できる。加盟店の申し込みは現在約500店で、実行委は最終的に1500店に増えると見込む。
 購入限度は一人1回5セットとなる。往復はがきに購入希望セット数、住所や電話番号などを記入し、松本商工会議所に郵送する。7月15日到着分で希望が発行セット数を上回った時は抽選となる。返信はがきには、当選したセット数や受け取りができる郵便局などが記載される。
 29日に中央1の松本商工会館で実行委の初会合が開かれ、プレミアム商品券と、9月から実施する独自のキャッシュレス決済時のポイント還元制度について計画を承認した。出席した臥雲義尚市長は「官民の連携で取り組み、生活実感の向上につなげたい」と述べ、松本商議所の井上保会頭は「経済活性化の大きな動きになると期待している」とした。
 問い合わせは松本商議所内の商品券係(電話0263・32・5345)へ。

連載・特集

もっと見る