地域の話題

子供たち宇宙に親しむ 松本で科学教室

 松本市教育文化センターは28日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が協力する子供を対象にした科学教室「コズミックカレッジ」を館内で開いた。市内の小学生と保護者の計約30組が参加し、宇宙飛行士になるための試験課題を体験したり、ロケット発射の実験に取り組んだりして楽しみながら宇宙について学んだ。

 教室は午前と午後の2回行われた。子供たちはセンター職員2人に教わりながら、集中力を見るために真っ白な平面のパズルを組み立てるなど、宇宙飛行士の選抜試験で実際に出される課題をやさしくした三つの課題に取り組んだ。「難しい」とうなったり、「できたよ」と喜んだりしながらどの問題にも集中して向かっていた。注射器の容器をロケットに見立て、中に少量のアルコールを入れて火花でごく小さな爆発を起こして飛ばす実験もした。
 コズミックカレッジは全国で開かれており、同センターでは3年目の開催となる。寿小学校4年生の高野悠人君は「試験課題が難しくてびっくりした。宇宙飛行士になるのは大変なんだなとわかった」と驚いていた。

連載・特集

もっと見る