政治・経済

塩尻のプレミアム商品券取り扱い 335事業所が申請 今月末まで募集

7月発売予定のプレミアム付き商品券のデザイン

 塩尻市や塩尻商工会議所などは、新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済対策で7月18日発売予定のプレミアム付き商品券について、今月末まで取扱店を募っている。消費を喚起して地域の事業者を応援しようと、500店を目標にPRに力を入れている。

 商品券は市、商議所などでつくる実行委員会が市民を対象に発行する。発行総額は13億円。総額、プレミアム率(30%)とも、市内で発行されたプレミアム付き商品券の中で過去最大となる。
 1セット1万3000円分の商品券を1万円で購入できる。1セットは「地域応援券」6000円分と「共通券」7000円分で構成し、本社、本店が市内にある事業所では両方使えるが、市外にある事業所は共通券のみの利用となる。
 取扱店は12日から募集しており、25日までに335事業所が申請した。スーパーやドラッグストア、家電など日常的な消費関係や、飲食店が多かった。
 塩尻商議所の担当者は「ほぼあらゆる業種の店で使える。ぜひ利用して、疲弊している地域の事業者を応援してほしい」と話している。
 問い合わせは実行委(電話0263・52・0258)へ。

連載・特集

もっと見る