地域の話題

山雅の応援に制約 27日再開、入場制限や禁止事項

 新型コロナウイルスの影響によるサッカーJリーグ公式戦の中断が明け、J2リーグ戦は27日に再開される。ただ、観客を入れない「リモートマッチ」で始まり、その後も当面は入場者数などに制限を設けた形態になる。応援スタイルにも制約があり、サポーターにとってもどかしい状況が続きそうだ。

 Jリーグは再開に当たり、コロナ感染症に対するガイドラインを定めた。有観客試合に移っても、従来通りの応援ができるわけではない。制限付き試合での禁止事項などは別表の通り。
 サポーターは再開の高揚感に包まれつつ、制約に対する困惑も抱く。「やれることはやりたいが...」。ウルトラス松本の疋田幸也さん(44)=松本市=は試合が始まる状況を前向きに捉えながらも、継ぐ言葉に窮する。
 チャント(応援歌)作りなどは進めるが、集まることが「密」に当たるとして準備を遠慮している節もあるという。それでも「リーグ、クラブにとって、試合を続けることが一番大事」と、再開後の継続的な開催を最優先に考え、ぐっと現状をのみ込む。
 現段階の計画では、7月10日以降に有観客試合へと移る。最初は「超厳戒態勢」と位置づけ、入場者の上限を5000人かスタジアム収容率50%の少ない方とする。8月1日からは「厳戒態勢」とし、上限が収容率50%へと緩和される。

連載・特集

もっと見る