連載・特集

2020.6.24みすず野

 コロナ対応が一段落したということか、政治が"秋の陣"に向けて動き出したようだ。11月の米大統領選の行方を気にしながらというが、再選を目指すトランプ大統領の先日の選挙集会、驚きを禁じ得なかったのは、参加者のほとんどがマスクを着けず、密集状態で叫んでいた映像◆会場のオクラホマ州などの感染者が、最多を更新し続けている、というのにである。この米国人の感覚は理解に苦しむ。さて、気になる安倍内閣の支持率だが、大手新聞や通信社の調査で、30%台に下落し、50%前後の不支持率との差が広がった。コロナ対策の不透明さ、前法相とその妻の公選法違反(買収)容疑逮捕事件などが、数字に表れた◆首相の自民党総裁任期は、来年9月までの残り1年3カ月。衆院議員の任期は残り1年4カ月ほど。ささやかれ出したのが、秋ごろの衆院解散だ。支持率低下の中であえて解散に踏み切るとしたら、理由はどこに。ぎりぎり政権基盤を立て直し、党則を変えて総裁4選、宿願の憲法改正か◆これまでも走り出したら止まらず、大義も何もなかった。「選挙どころではないでしょ」の国民の声などおそらく届くまい。

連載・特集

もっと見る