スポーツ

J2は6月27日再開 当面は無観客で

 サッカーJリーグは29日、新型コロナウイルスの影響で2月末から中断が続いている公式戦の再開日程を発表した。松本山雅FCが所属するJ2リーグ戦は、6月27日の再スタートが決まった。当面は無観客で開催する。対戦カードを含む再開後の日程は、同15日に発表される。

 リーグ戦の対戦カードは、すべて組み直しになる。再開からの複数節について、Jリーグの村井満チェアマンはウェブ会見で「長距離移動を伴わないマッチメークになる」と説明した。観客の入場に関しては、数節を消化した7月10日すぎから限定的に入場を認めていく方針を示した。
 再開に当たり、全選手を対象にPCR検査を実施する。Jリーグに検査センターの部門を設けて一括管理し、2週間に1度のペースで審判団も含めて行うとしている。
 J1は7月4日に再開し、J3は6月27日に開幕する。松本山雅が参戦しているルヴァン杯は、詳細が確定していないとした。
 松本山雅の神田文之社長が29日、ウェブ取材に応じた。再開日が決まり「ようやく光が見えた。前に進める喜びが強い」と話した。無観客での開催については、地域の後押しを受けてきたクラブとして「サポーター、ファンにどういう思いを込めてもらえるかを考えていく」とした。トップチームは6月2日から全体練習へと移る。
 J1・J2各リーグ戦とルヴァン杯は、いずれも第1節を消化した時点で中断された。再開は再三延期されてきた。

連載・特集

もっと見る