政治・経済

10万円給付金 松本市への申請は3割

 国が新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策の一環で全国民に一律10万円を支給する特別定額給付金で、松本市が18日に郵送での申請を受け付け始めてから1週間が経過した。これまでに対象10万6427世帯の30.4%に当たる3万2333世帯から申請があり、市は「大きなトラブルもなく順調に事務手続きが進んでいる」としている。

 市は毎週水・金曜日に申請者が指定した金融機関の口座に給付金を振り込んでいる。この1週間で振り込んだのは20日と22日で、この2回で計9920世帯に計23億7050万円を振り込んだ。
 対象世帯への申請書の郵送はすでに完了している。市の専用コールセンターには「申請書を郵送したがいつになったら振り込まれるのか」といった問い合わせが多いという。給付金は、申請を受け付けてから1週間~10日間ほどで振り込まれる見込みで、市は市勤労者福祉センター内に専用事務スペースを設けて一日当たり職員100人超の態勢で事務処理を進めている。
 申請期限は8月17日で、今後は申請が済んでいない世帯への喚起も必要になる。市は7月中旬にも未申請の世帯に郵送で案内を出す予定のほか、6月や8月の市広報紙で呼び掛ける予定でいる。

連載・特集

もっと見る