スポーツ

夏の甲子園中止 コロナ拡大長野大会も

 日本高校野球連盟などは20日、今夏の第102回全国高校野球選手権大会(8月10日開幕、甲子園球場)の運営委員会をオンライン会議形式で開き、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、全国大会(夏の甲子園)と長野を含む各地方大会の中止を決めた。今春に予定されていた第92回選抜高校野球大会(春のセンバツ)も史上初の中止となっており、太平洋戦争の影響で中断した時期を除き、初めて春夏連続で全国大会が中止となった。夏の甲子園の中止は米騒動が起きた大正7(1918)年、戦時色が濃くなった昭和16(1941)年以来3回目で、戦後では初となる。

 日本高野連などは無観客試合での開催なども検討してきたが、長時間の移動や宿泊が伴うことから、感染や拡散のリスクを完全な形で抑えることが難しいと判断し、中止を決めた。また、休校が長期間に及んで練習が十分でない状況でけがが増えることも予想され、夏休みの短縮により、大会の開催が学業への支障にもなりかねないと判断した。
 硬式だけでなく、第65回全国高校軟式野球選手権大会と全国大会につながる地方大会の中止も決まった。