地域の話題

夕日に槍ケ岳幻想的な光景

槍ケ岳の穂先と重なりながら沈む夕日

 松本市の東山部地域から望む夕日が、北アルプス・槍ケ岳(3180メートル)の穂先と重なる時季を迎えた。よく晴れた11日午後6時20分ころ、市入山辺支所近くのブドウ畑周辺では、オレンジ色に輝く太陽に鋭い穂先が突き刺さるように見える幻想的な光景が見られた。
 今後、夏至(6月21日)にかけて日の沈む位置は徐々に北へ移り、槍ケ岳と重なって見える場所は逆に南へと移っていく。

連載・特集

もっと見る