地域の話題

こいのぼり50匹 高瀬川大橋北側に

残雪の北アルプスを背に泳ぐこいのぼり

 池田町と松川村を結ぶ県道の高瀬川大橋の北側(上流側)で、今年も大小約50匹のこいのぼりが残雪の北アルプスを背景に優雅に泳いでいる。赤や青、紫など色鮮やかで、10日まで飾られている。

 町マレットゴルフ連盟の会員たちが左岸側(東側)河川敷のマレットゴルフ場に支柱を立てて飾り付けた。新型コロナウイルス感染拡大防止のためマレットゴルフ場は閉鎖されているが、橋の上から眺める人たちの姿が見られる。
 10年ほど前から会員や町民から寄せられたこいのぼりを毎年この時期に飾っている。中島睦会長(73)は「2、3年で生地が傷んでしまうので、寄付してくださる皆さんのおかげで継続できる」と感謝し「季節を感じ、ほっと一息ついてもらえれば」と話している。