連載・特集

2020.5.22みすず野

 新型コロナは産業、経済全体に甚大な影響を及ぼし、国内感染が収まったとしても、世界がそうならないと回復に向かわない。不安が先立ち、人や物が行き交わず、消費が伸びないのだ。深刻なデフレ悪循環が起きつつある◆経済以外に、コロナ禍は私たちの生活の隅々にまで忍び込む。外出自粛によるステイホームが、家族の絆を深めることになれば幸いだが、一緒にいるとうっとうしさのほうが増し、ストレスをため込んでしまうケースが多いようなのだ。一方、一人暮らしの人(高齢者に限らない)は、孤独を募らせ、うつ症状を引き起こしていると◆四六時中家にいて、テレビを付ければニュースもバラエティ番組もコロナ、コロナ。「頭がコロナで占められ、どうにかなりそう」の声を聞く。一人暮らしでなくても、運動不足を招いて、コロナ肥満になる人が増えているとの報告もある。さらに職場では、いじめやセクハラ、パワハラが起き、テレワーク(自宅勤務)ならいいが、引きこもりに陥ってしまう人まで◆コロナはこれまでの生活様式を変える、と言われる。しかし、心が伴わないと、人間関係はさらに無味乾燥化する。

連載・特集

もっと見る