政治・経済

コロナ対策 総合的に議論 松本の専門者会議 市に提言へ

 松本市は9日、新型コロナウイルス感染症対策の「専門者会議」を設置した。「医療福祉」「こども教育」「経済観光」の三つの部会を設け、医療体制の維持や子供の学びの場確保、経済対策について関係者が議論し、市に提言する。市は提言を速やかに実行に移し、中長期的視点に立った意見は施策に反映させていく。

 9日は各部会の代表が集まって意見交換する「代表者会議」が市役所で開かれた。各部会の代表あいさつを除いて非公開で、会議後の取材に応じた臥雲義尚市長は、医療福祉部会に対して感染者が増えても維持できる医療体制の整備や、感染の有無を確認するPCR検査を拡充できるかどうか検討を求めたことを明らかにした。
 このほか、こども教育部会には学校や学童保育・児童センター、公民館などが連携して子供の学びの機会を確保する方策の検討を、経済観光部会には売り上げが落ち込む事業者の声を吸い上げ、必要とする方策の検討をそれぞれ求めた。同日夜には医療福祉部会、こども教育部会が開かれた。
 臥雲市長は「総合的、複層的、全体的な取り組みが必要。分野が異なる人が集まり、検討議論することに意義がある」と述べ、スピード感と臨機応変さを持って新型コロナ対策に当たるとした。

連載・特集

もっと見る