政治・経済

安曇野市行政無線で新型コロナ感染予防訴え

 安倍晋三首相は7日、新型コロナウイルスの感染拡大に備える改正特別措置法に基づく緊急事態宣言を東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県に出した。宣言を受けて安曇野市は8日に行政防災無線で感染予防対策のさらなる徹底を呼び掛ける。市職員向けの感染予防・対応マニュアルの作成も進める。観光客が多く訪れ、別荘地を抱えて都市部からの移動も見込まれるなか、警戒感を高めて対策強化を図る。

 市内全域へ向けた防災無線でのアナウンスを8日昼ころに行う。市のホームページに掲載するよりも多くの市民に直接、感染予防対策を促すことができると、防災無線の活用を決めた。金井恒人総務部長は「感染が拡大している地域との不要不急の往来は避けてほしい」と呼び掛ける。
 職員向けの感染予防・対応マニュアルは、庁内で新型コロナウイルスの濃厚接触者が確認された場合などに統一した対応を取れるようにするのが目的だ。市職員がPCR検査を受けたり、検査結果が陽性だったりした場合の対策も盛り込む。今週中の作成を目指す。7日に市役所で開かれた市議会全員協議会で市が報告した。
 他に、8日発行の広報あづみの(お知らせ版)の巻頭ページにも、密室・密集・密接の「三つの密」を避けるといった注意事項を載せる。県内外で若者が感染した事例が確認されていることから、重症化するリスクが低いとされる若者にも感染予防対策を促す。
 市教育委員会は12日までとしている公民館などの使用の自粛要請期間について、近く延長するかどうか判断する。市議会は5月21日に予定していた議会報告会の延期を決めた。