地域の話題

知事松本に警戒呼び掛け 拡大防止へ今まで以上に

 阿部守一知事は27日に県庁で開いた記者会見で、松本市で感染経路が不明な新型コロナウイルスの感染者が発生したことに触れ「松本地域の方は、今まで以上に感染予防対策に努めてほしい」と注意を呼び掛けた。県は感性経路につながる情報収集を進めているが、仮に感染経路が特定されなかった場合、潜在的なクラスター(集団感染)発生も否定できないとし、感染症予防対策の徹底が必要になるとしている。

 阿部知事は新型コロナウイルス対策本部会議の終了後に会見を開いた。26日に続いて県民に向けてのメッセージも出した。首都圏など感染拡大地域への往来を控えることを求めるメッセージに加え、人の往来が多い年度末・年度始めの外出を控えることや、集団感染が発生しやすい「密閉空間」「密集場所」「密接場所」を避けることも求めた。

連載・特集

もっと見る