地域の話題

菅谷市長が人混み回避要望 松本での新型コロナ経路不明感染で臨時会見

臨時記者会見で、市民に密集する場は控えるよう求めた菅谷市長

 松本市の菅谷昭市長は26日、新型コロナウイルスに感染した松本市内在住の70代男性の感染経路が不明で市内で感染した可能性があることを受け、市役所で臨時の記者会見を開いた。「(ライブハウスなど)人が密集するような場には当面、できるだけ出かけることを控えていただくしかない」と、市民に対して慎重に社会的行動を取るよう要望した。

 東京都の小池百合子知事が25日、都民に対して今週末の不要不急の外出を避けるよう要請したこととの比較で、菅谷市長は「現時点でそこまでは考えていない」とした。
 一方で、感染経路不明な感染者が松本市内で確認されたことについて「先が読めなくなってきた」とし、「状況が刻一刻と変化している。注意深く見守っていき、状況によっては早く手を打つ必要がある」と述べた。市民に対し、人混みを避ける行動に理解を求めたことについては「これは予防原則。命が大切か、経済が大事かと言ったら結果は見えている。ぜひご理解を願いたい」と述べた。

連載・特集

もっと見る