政治・経済

県が特措法で対策本部設置 きょう初会合

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、県は26日、特別措置法に基づく「新型コロナウイルス感染症長野県対策本部」を設置した。新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正を受けて、政府が新型コロナウイルス感染症対策本部を設置したことに伴い、感染症対策で法に基づく全国的に統一した対応が可能になった。27日に県庁で第1回会議を開き、今後の対応を協議する。

特措法上では、政府が対策本部を立ち上げた際、県は直ちに対策本部を設置する義務がある。阿部守一知事は感染症対策は法に基づく早期の対応が必要だとし、全国知事会を通じて国に対策本部を設置するよう求めてきた。
 阿部知事は「県はこれまでも対策をしてきたが、新たに本部を設置する中で県民の生命、健康を守るために全力で取り組みたい」と述べた。

連載・特集

もっと見る