地域の話題

生活用品 新年度へ品定め 商業施設に特設コーナー

 新年度をひかえて、中信地方の商業施設などに新生活コーナーが設けられている。売り場には食器や家電、家具などが並び、この週末は進学や就職をひかえた家族連れらでにぎわっている。

 山形村の大型商業施設・アイシティ21は「新生活応援ギフトフェア」を展開していて、生活用品売り場・リビングメッセージでは21日、弁当箱や水筒などを選ぶ家族連れの姿がみられた。キッチン家電も扱っていて、煮物や低温調理、パンの発酵ができる炊飯器や、大根おろしや野菜のみじん切り、生クリーム作りをこなせるフードプロセッサーなど、多機能なものが人気となっている。
 大学の合格発表が進み、進学先や引っ越し先が決まる人たちが増えていくこれからの時期が、来店のピークだという。4月に入学式や入社式が終わってから足を運ぶ人も多い。売り場を担当する峯村佳奈さん(24)は「この時期はデザインや機能がさまざまな商品が並ぶので、新生活のスタイルに合ったものを選んでもらえたら」と話している。

連載・特集

もっと見る