スポーツ

御嶽海3敗V争い後退 大相撲春場所

 大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)12日目の19日、上松町出身で西前頭3枚目の御嶽海(出羽海部屋)は、西前頭13枚目の碧山(春日野部屋)に押し出しで敗れ、9勝3敗となった。優勝争いから一歩後退し、昨年9月の秋場所以来となる2桁勝利はお預けとなった。

 優勝争いトップを走る相手に、番付上位の力を見せつけることはできなかった。立ち合いでわずかに当たり負けて上体を起こされ、一気に土俵際に追い込まれた。いったん右に逃げたが、喉輪と突っ張りで休まず攻められ、形勢を逆転できなかった。
 13日目の20日は、東前頭7枚目の宝富士(伊勢ケ濱部屋)と当たる。対戦成績は御嶽海の4勝2敗。初顔で黒星を喫して以来4連勝していたが、直近の対戦となった昨年11月の九州場所は6日目に寄り切りで敗れた。

連載・特集

もっと見る