スポーツ

御嶽海しのいで9勝目 きょう好調碧山と対戦

 大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)11日目の18日、上松町出身で西前頭3枚目の御嶽海(出羽海部屋)は、東前頭筆頭・大栄翔(追手風部屋)を送り出しで破り、2敗を守った。9日目からの連勝を3に伸ばした。9勝目を挙げた御嶽海は、2度目の優勝を飾った昨年9月の秋場所以来となる二桁勝利に王手を懸けた。

 立ち合いで大栄翔の喉輪攻めにあごが上がった。突き、押しを下からあてがって懸命にしのぐも、執ような喉輪攻めに土俵際まで押し込まれた。しかし、御嶽海の右はずの押しで相手の脇が伸びたことで状況が一転。すかさず右を差し、いなし気味に右に回り込み、あとは相手の背中をひと押しだった。
 12日目の19日は、今場所1敗の西前頭13枚目・碧山(春日野部屋)と対戦する。身長191センチ、体重193キロの巨漢を生かした突き押しが武器で、対戦成績は御嶽海の4勝3敗だ。前回は昨年11月場所で顔を合わせ、御嶽海が寄りきりで勝ち、碧山戦2連勝とした。