スポーツ

御嶽海貴景勝を圧倒 大相撲春場所

 大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)5日目の12日、上松町出身で西前頭3枚目の御嶽海(出羽海部屋)は、東大関・貴景勝(千賀ノ浦部屋)を一方的に寄り切って、無傷の5連勝を飾った。序盤戦を無敗で終え、6日目の13日は、東関脇・朝乃山(高砂部屋)との全勝対決に挑む。

 これぞ御嶽海という相撲が続く。低い体勢で頭からぶつかってきた貴景勝をしっかり受け止めてから前進。鋭い寄りとはず押しで自分より小柄な相手の上体を浮かせ、反撃の隙を与えなかった。
 初日からの5連勝は幕内5度目で、昨年初場所以来、7場所ぶりだ。大関昇進を狙う朝乃山には過去3勝2敗で、先場所は、押し込んだ御嶽海が安易に引いて呼び込み、相手十分の形で寄り切られた。