スポーツ

御嶽海正代破り3連勝 大相撲春場所

 大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)3日目の10日、上松町出身で西前頭3枚目の御嶽海(出羽海部屋)は、西関脇・正代(時津風部屋)を押し出しで下し、無傷の3連勝とした。4日目の11日は、東前頭3枚目・豊山(時津風部屋)と対戦する。

 腰を浮かさず下から攻めきる、盤石の相撲だった。低く当たった立ち合いから、すかさず左を差し、右おっつけで相手に左差しを許さない。回り込まれても慌てず、下から圧力をかけ続けて着実に前進し、そのまま力強く押し出した。
 学生相撲でもしのぎを削った豊山とは、互いに押し相撲を得意とする者同士の対戦で、過去1勝1敗だ。前回の対戦は平成30年7月の名古屋場所で、御嶽海が初優勝を決めた翌日の千秋楽に激しい攻防の末、逆転の掛け投げで敗れている。

連載・特集

もっと見る