政治・経済

池田町長選挙が告示 現新元の3氏の争い

 任期満了に伴う池田町長選挙が10日告示され、いずれも無所属で、1期目の現職・甕聖章氏(72)=1丁目=と会社経営の新人・水橋史希子氏(55)=滝沢、自営業の元職・勝山隆之氏(73)=1丁目=が立候補を届け出て5日間の選挙戦に入った。15日に投開票される。
 甕氏は町民の生命と財産を守るために「災害に強い町づくり」を訴え、水橋氏は「教育と子育て日本一の町」を掲げて町の魅力を高めるとし、勝山氏は子供を地域で育て東山一帯の観光振興に力を入れるとしている。
 甕氏は池田八幡神社で、水橋氏は和合の選挙事務所前で、勝山氏は1丁目の選挙事務所前で、それぞれ第一声を上げ遊説に出発した。
 9日現在の有権者数は8439人(男性4043人、女性4396人)。