教育・子育て

明科高生学びや巣立つ 新型肺炎で高校卒業式の規模縮小

 明科高校(丸山英男校長)で5日、卒業式が開かれた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で規模を縮小し、保護者も来賓もいない式となったが、教員手作りの横断幕が廊下に飾られたり、後輩たちが動画でメッセージを寄せたりと心温かな演出があり、卒業生から笑みと涙がこぼれた。

 華やかなはかまやスーツに身を包んだ118人が門出の日を迎えた。丸山校長は式辞で「思い描いていた式とは違うかも知れません」と述べた上で「これからは自ら考え、学び決断する力が必要になる。今がその一つと思ってほしい」と呼び掛けた。
 在校生代表で出席した2年生の高山開陸さんは「教えていただいたことを引き継いでいきます」と送辞を述べた。答辞を務めた前生徒会長の矢嶋優樹さんは、仲間と協力してつくり上げた文化祭を振り返り「長い間本当にありがとうございました」と結んだ。
 式の最後に教員たちが一斉に立ち上がって「卒業おめでとう!」とはなむけの言葉を贈り、花道を作って卒業生を見送った。
 豊科、南安曇農業、穂高商業の各高校も1~5日に規模を縮小して卒業式を行い、3校計472人が学びやを巣立った。