政治・経済

松本・神戸の商議所が交流 両会頭が松本で意見交換

 神戸市の神戸商工会議所の家次恒会頭(シスメックス代表取締役会長兼社長CEO)が27日、松本商工会議所の井上保会頭を表敬訪問した。昨年就航した松本空港と神戸空港を結ぶフジドリームエアラインズ(FDA)の定期便・松本―神戸線を活用して両都市の関係を深めようと、意見交換した。

 松本―神戸線の就航に合わせて井上会頭が神戸を表敬訪問しており、今回は家次会頭が松本市中央1の松本商工会館を訪れた。井上会頭は、松本では神戸への関心が高まっているとし、「神戸の方にも松本の魅力を知ってもらえるように、さらにPRしていきたい」と意欲を見せた。
 家次会頭は自身の子会社が塩尻市にあり、これまでは電車を使って松本を訪れていたといい「信州がとても近い存在になった。松本から諏訪にかけては優秀なものづくり企業が集積しており、ビジネスの面でも良い関係を築いていきたい」と述べた。

連載・特集

もっと見る