政治・経済

新型肺炎のため山雅J2リーグ戦が延期 ルヴァン杯も

 サッカーJリーグは25日、26日~3月15日に予定していたJ1~3各リーグ戦、ルヴァンカップの全試合延期を決めたと発表した。3月18日の再開へ準備を進めるとしている。松本山雅FCはリーグ戦3試合、ルヴァンカップ2試合が対象になる。

 リーグ戦再開は25日時点で、松本山雅FCはサンプロアルウィンでの第5節・徳島ヴォルティス戦(午後7時開始)となる。延期した各試合は東京五輪による中断期間には充てず、平日開催などで対応するという。
 3次キャンプ(12~15日、静岡市)で始まった練習の一般非公開は、当面継続する見通し。運営会社の神田文之社長は、クラブを通じて「新型コロナウイルスの感染拡大の状況を見ながら、クラブとして必要な対応をするとともに、再開後に向けて万全の準備を進めたい」とコメントした。
    ◇
 クラブは、26日に松本などJR9駅で予定したホーム開幕戦をPRするティッシュ配布の中止を決めた。リーグの日程変更に伴うためとしている。